肛門のサイン

肛門のサイン

口が入り口なら肛門は出口に当たります。

新しいものを摂取して、不要なものを排泄する。

身体だけに限らず、心の問題、精神的な問題も出口に関係するものとして捉えたらいいだろう。

肛門からのメッセージ

こうあるべきだ・・・を変えてみようか。

過去のことに囚われて、罪悪感をもちながら後悔しているんだね。

自分を許せないし、人への怒りも溜めちゃってるよ。

思い切って押し出して、新しい何かを受け入れようか。

許すことがそんなに嫌なのかな。

人生をコントロールしても、思い通りにならないものだよ。

心の中に何が一杯詰まっている?

真実は一つと限らないから、固執するのはやめようよ。

自分を批判したり、卑下して何になるの?

物足りないのは、いつまでも持っているものがあるからだよ。

など

 

キーワードは「固執」「頑固」

とにかく何かを固く守る性質が肛門を閉じさせ、トラブルに発展してしまう。

過去の教訓も、自分が傷ついた経験ばかりを意識して、活かしきれてないかもしれません。

後悔、後に立たずという言葉もあるように、いつまでも固く握ったまま手放さないことも。

肛門が詰まれば、新たしいものを摂取しても消化に至らないと思いませんか?

「こうじゃなきゃいけない・・・」口癖のようになってませんか。

躍起になって、必死にもがいても、そうならないと気が済まない。

自分の作り上げた監獄から抜け出し、世界を広く見て、自分の可能性を信じて、勇気ある放出を心がけてみましょう。

 

消化器官との連動

食べものもそうですが、物事の理解や経験から学ぶ意識について、消化器官との連動性があります。

 

口で噛み

胃で消化し

小腸で栄養分を吸収し

大腸で水分を吸収し

肛門から排泄する。

 

出来事が起き

何が原因をみつけ

自分の行動を改善し

理解を示し

手放す

 

食べてから排泄までの流れと、出来事を理解し手放す流れは同じ。

無理して出そうとして切れてしまうのは、怒りのイメージ。

できものが腫れて痛むのは、歪みのイメージ。

自分の感覚や感情と照らしてみると分かりやすいかもしれません。

 

参考記事