蕁麻疹格闘日記~その④

薬膳療法をはじめて、3週間経ちました。

いろいろと試してみているのですが、蕁麻疹が発生する食べものを検証していると、やはりアレルギー系に起因するものが多い。

とくに、小麦に反応しているような感じがする。

吾輩、昭和生まれで、学校給食は全てパン食。

朝も手軽な食パンを食べてきました。

最近まで、食パン癖が抜けず、シリアルも大好きときた。

牛乳から豆乳に変えたりと多少の変化はつけてみたものの、大差ないか・・・。

 

 

小麦グルテンが原因か?

以前、中耳炎の手術の際、アレルギー検査をしたことがあるのだが、全てに20%くらいの割合でアレルギーがあることが分かっていた。

うろ覚えなので、再度検査した方がいいかな・・・。

ネット情報は、ほぼ同じ内容を繰り返しているので、参考にならず。

ところが、またまた妻が一冊の本を出してきた。

2週間で体が変わるグルテンフリー健康法



これには、思い当たることが散々書いてあるぞ・・・。

同じものを毎日繰り返し食べていると、アレルギーが出やすい・・・とか。

アレルギーには、すぐ出てくるものと、遅く出てくるものとあるらしい。

他にもいろんなことが書いてあって、今後のヒントになりそうだ。

しかし・・・パン・・・好きなんだよなぁ・・・。

米粉のパンに変えるか・・・?

インドカレーのナンで爆発!!

 

田植え帰省していた時のこと。

作業を終えた後、実家の近くにある美味しいインドカレー屋に、みんなで行くことになった。

本場の方が作っているカレーなので、本当に美味しくてついつい食べ過ぎてしまうお店。

ナンとライスのお替り自由・・・そういう甘い言葉にまんまと乗っかってしまった。

ナンを二枚ペロリと平らげたのでした。

しかも、辛口のルーを頼んでしまったので、いろんな面でホットになってしまった・・・。

その夜中・・・。

胃のむかつきで目が覚める→百草丸(胃腸薬) を飲んで寝る→朝、全身がボコボコ Ω\ζ°)チーン

あれだけ引いていた蕁麻疹が発狂したかのように全身に・・・。

頭をよぎる・・・超美味いナン。

次の瞬間、グルテンを命一杯摂った結果だと思い知る。

 

 

田舎は自然~久々の休息?!

なにせ、見渡せば山々と川と畑とたんぼ。

集落の中にあるものの、自然は満載だ。

朝は早くに起きて、夜は11時には就寝する。

いろんな面での精神的安定には、もってこいの場所なのだ。

PCはないし、スマホいじるくらいだけど、出来ない事の方が多いので諦めもつく。

霊体的にも、自然の氣にあたっている方が、健康的であるのは間違いない。

都会の喧騒は、氣を使う場面がとても多いし、仕事が頭から離れないので、四六時中考え事をしている状態だ。

霊体的には、まー忙しいですよ。

関わりのある人からの様々なヘルプ信号や、伝わらないメッセージの数々。

神々の動きから世間の動向まで、ある意味意識範囲の中なので、氣は休まらないのです。

いちいち手放しては次を掴むの連続なので、ストレスもたまってきます。

ストレスが一番の原因かもしれない

ストレスが溜まって、疲れが出てくると、免疫力が低下し、ヘルペスが騒ぎ出す。

と、同時に、蕁麻疹もブワーッと出てくるのです。

現在、小食を意識して、腹7分目を維持してます。

体重も減って、始めた当初よりも4~5キロは減っているかな。

日に2食は守り、ほぼお粥で過ごす。

他者との理解の差を埋める作業が一番のストレスかな。

とはいえ、ほぼ一般的に知られていない知識の共有はとても難しいです。

霊感を研げば研ぐほど、敏感になるのは当然の事

それが仕事なので仕方ないとは思う。

だが、息の抜き方は徹底して改善する余地はあると、心底思った。

1分瞑想では足りんのかな。

フワフワした感覚の中で、ぼーっとしているだけでもいい。

氣の緊張を緩めて、ただ漠然に没頭する時間を作ろうか。

関連記事

体内時計を知ろう朝の光で体内時計はリセットされます。成長ホルモンがよく出る時間帯は、体内時計によって決まっているようです。太陽の光の明暗による周期に従っていて、人間誰もが同じです。旅行などで時差が生じたときは、体[…]