加齢とともに胃腸が弱る・便秘との闘い

私、50歳、胃腸が弱ってきた実感とともに、便秘気味・・・というか便秘なんです。

以前からそうだったのか、と言われれば、違うのです。

若いときは、毎日モリモリ出していたはずのものが、2日3日は当たり前に出なくなってきた。

妻が漢方のお勉強しているので、相談するのですが・・・。

 

広告

 

妻に言われること

①運動不足

とにかく歩け、腹筋しろ、足腰を鍛えろ。

時々スクワットしたり、ヨガやストレッチをしたり、腹筋を鍛えたり・・・。

思い立ったときに、無理のない程度でハッスル・ハッスル!!

翌日の筋肉痛でまたサボる・・・アカン

②内蔵風邪(内蔵型冷え性)の改善

体温は高めなのですが、お腹が冷えているのです。

実際、触ると下腹のあたりは、ひんやりしています。

漢方医にも、若いときからの暴飲暴食や冷たいもののとりすぎ。

そもそも、胃腸が弱いのに、胃腸をいじめることしかしてない・・・なんていわれました。

③精神負荷を減らす

私、スピリット関係の仕事をしていますもので、とにかくいろんな氣を使うのです。

お客様の心の中をわが身に取り込んだりしますもので、余計な氣も貰ってしまうのです。

リーディングやら施術やらが仕事なもので、氣を逃がす方法はとっているものの、気づいてない部分では、取り逃しているかもしれません。

妻の知り合いの漢方医には「仕事やめたら、健康になる」とまで言われました。

掛かりつけの漢方医は、仕事は要所でサボるものだ・・・とな。

④良く噛んで喰え

とにかく噛むことが大事。

加齢とともに歯も歯茎も弱ってまいります。

だからこそ、少量を良く噛んで、咀嚼回数を増やすこと。

漢方医は最低でも30回は噛めと・・・。

意識しても、癖はなかなか治らないものでして・・・という言い訳ばかり。

 

さて、どうするか。

腸内環境を改善する方法はいくつか試しました。

運動は出来る限り意識して歩くように・・・とはいえ、あまり変わらないのが現状です。

お腹を冷やさないように、温かいものをとるように心がけ。

仕事も、ほどほどに・・・出来るわけがない!!

この仕事、一瞬一瞬が大事だから、精神負担は変わらない。

咀嚼は、意識して噛むようにする。

しかし、

なかなか便秘さんは改善されないものだ。。。

大腸には頑固というキーワードがあるけど、頑固なんだよねぇ。

心のゆとりは持つように心がけて、できるだけ要らないものは捨てるとか、日々の断捨離はしている。

ある時目にした広告があって、「酵素」が改善策だという。

そういえば、納豆とかヨーグルト、酵素系のものはあまり摂取してなかったなぁ。

みそ汁は大好きだから、ウチゴハンの時は必ず飲むようにしている。

 

悩んでいる時って、面白いように改善策が目に飛び込んでくる。

「ん?」と感じたものは、ぜひ試してみるといい。

ということで、広告をポチッとな。

酵素!!

妻も発酵系の食品をよく食べてるし、作ってる。

キムチなんかは手造りだし、キャベツでも白菜でも、ネギでも作る。

食卓には必ず常備食材としてある。

漬物もべったら漬けが大好きで、常備している。

足りてないのかなぁ。

思わず買ってしまったサジー発酵液は、かなり調子よくなった。

 

広告

 

ねじれ腸マッサージ

これは寝る前、朝起きた時に意識的に行うと、かなり効果的です。

テレビでもやってました~。

これも試してみると、じんわり汗もかけるし、リラックス効果は抜群です。

加齢とともに

男も女も、更年期に入ると、いろんなところに不具合が生じてきます。

自分に合った改善策をイメージして、実践し、積み重ねていくことが大事なようです。

地道に自分と向き合っていくしかないんだなぁ。

自分の身体・・・大切にしなきゃね。

おススメの商品

フィネスの黄酸汁(サジージュース)

この商品を購入してから、便秘が少なくなりました。

何よりうれしいのが、毎日のお通じがやってくること。

お試しで初めて、今ではレギュラーです。

よかったら、是非!!

広告