休息法②~上手に休む方法~睡眠まとめ

休息法②~上手に休む方法~睡眠まとめ

よりよい睡眠をとるために気をつけたいことがあります。

交感神経を刺激するものを避け、副交感神経を働かせるようリラックスしましょう。

眠りに影響を及ぼすことを避ける

①寝酒

寝酒は眠りにつくのは早くなりますが、レム睡眠の時間が短くなるのです。

また、量をコントロールできずに、夜中にトイレに起きるなどして、睡眠自体の質は落ちてしまいます。

②喫煙

ニコチンは覚醒作用があります。

喫煙本数が多い人ほど、不眠という結果も出ているようです。

睡眠前1時間は喫煙しないことをおススメします。

③カフェインの摂取

もうご存知のコーヒー、緑茶、紅茶などカフェインを含む飲み物を、睡眠前に飲まないことです。

カフェインにも覚醒作用があり、おまけに利尿作用もあるので、夜中のトイレに起きてしまうことも。

寝る前3~4時間は、カフェインを避けた方がよいようです。

 

スポンサーリンク Advertisement

 

④スマホ厳禁

スマホは、画面から出るブルーライトの影響が脳を活性化させてしまうのです。

もちろん、PC画面、テレビ画面からも同じブルーライトが出ています。

寝る1時間前には、画面を見ないようにすること。

⑤考えごとをしない

ベッドに入ると、あれやこれや考えてしまう癖がある人もいるようです。

漢方医に言われたセリフは「今出来ないことは考えない」でした。

これに気をつけるだけで、考え事を減らし、そうしていくうちにほぼ考えなくなりました。

コツは、「今出来ないことは考えない」と呟くだけ。

睡眠導入剤とか、睡眠薬で誤魔化さなくても、呟くだけで寝れるようになりました。

⑥体を温めてからベッドに入る

冷え性の方は、とくに気をつけてほしいところです。

体温の上下で眠気が起こる自然なシステムが働かないのです。

冷え性の方は、昼間に熱量が上がらず、夜まで低温のまま。

身体が冷えたままベッドに入ると、温まるまで時間がかかり、寝つきが悪かったりします。

⑦食後にすぐ寝ないこと

食べてすぐは、胃の中も大忙しです。

満腹になると眠くなるものですが、食後は2~3時間くらいの間を取りましょう。

また食後すぐに横になりますと、胃の中のものが逆流してしまい、逆流性食道炎や消化不良の原因にもなります。

胃の負担も大きく、翌朝の胸やけなどにもなりえます。

就寝時間を決めている人は、夕食時間も考えるのがベターです。

 

ハードワークな人や付き合いなどで夜の遅い人。

気をつけたいけど、仕事柄難しいと思われる方もいるでしょう。

健康的ではないことも分かっていながら、そうせざるを得ない。

しかし、若いうちは無理が聞いても、40代位からは、体リスクも20代の倍だと思ってください。

健康を意識して、自己管理をしていく心がけが必要になってきます。

 

からだマネジメントカテゴリの最新記事