かかとのサイン

かかとのサイン

かかとは、踵という字のごとく体重を一点で支えますから、角質も付きやすい。

かかとを巧く使えないと、かなり不便です。

歩く瞑想時には、かかとを常に意識します。

地に着いた、離れた・・・呼吸にあわせ、かかとから足先までが地につくことを意識して、自分の感覚を磨きます。

 

かかとからのメッセージ

自分の中の本当について葛藤しているね。

立ち止まって、今までを振り返り、本当はどうしたいのかをしっかり感じようね。

この世には間違いというものはないよ。ただ、間違いと思うのは、誰かと比べているからだよ。

焦って早まったと思うなら、ここからどうすべきかを考えたらどう?

他人の顔色ばかりうかがっていて、自分の意見はどうした?

ちょっと待って!! 自分のいいところ忘れてるよ!!

など

 

頭で考えていることと、心で感じていることがチグハグであれば、葛藤を生じます。

どっちが正しい??

そう悩んだときは、直観的に心を選ぶようにすると上手くいくものです。

どんなに人と違う意見であっても、心がそう言っているなら、それを押しましょう。

縦型社会において、その意見は間違いとか異端とか言われるかもしれません。

自分らしさを最重要に置いたとき、心の言葉が優先されるでしょう。

 

踵(きびす)を返す

後戻りする、引き返すという意味。

人生において、どうしようもなく、後戻りする時もあるでしょう。ここまで来たのに・・・という思いもあって、後悔や無念が残るときも在るでしょう。

しかし、これはこれで、大事な経験なのです。

この先、無理して推し進めても、徒労に終わるなら、勇気をもって引き返すことも大事だということです。

かかとには、人生におけるあらゆる場面で、体重ばかりでなく、思いを支えることも大いにあることでしょう。