脛のサイン

脛のサイン

ぶつけたら痛い弁慶の泣き所。

些細な不注意で、脛を傷めたことは、思い出すだけでもかなりありますね。

体の痛みは、そのまんま心の痛みでもありますからね。

 

脛からのメッセージ

誠実って言葉知ってる? 自分の言ったことをしっかり実行することを言うんだよ。

罪悪感に苛まれて、自己犠牲することで埋めようとしているの?

被害者になってばかり・・・。

仕返しを考えてるね。ずっともめる気?

そのことにどれだけ期待した? 期待した分だけ裏切られた感は強くなるんだよ。

など

 

親の脛かじり

親に甘えて自分は何の努力もなしに生きている子供の様を言います。

この言葉の影には、親の苦労が物語られています。

責任、プレッシャー、被害妄想、されたことへの恨み辛みなど、全部親のせいにしていたら、いつまでも成長できないし、弱々しい自分ばかりが前面に出てしまいます。

愛情とは裏腹の思い。

 

脛に疵をもつ

やましいことや、人に知られたくない過去がある様を言います。

きっとその人は、罪悪感に苛まれている自分を、必死に隠していたり、逆に開き直って、怒りを前面に出していたりします。

脛のトラブルにあったときは、自分自身をよくよく顧みる必要があるかもしれませんね。