深呼吸のススメ

どんな場面でも、深呼吸は自分のペースを取り戻せる最も手軽な調整方法です。

仕事、家事、人と会うとき、何かを始めるとき・・・など。

緊張を伴うようなとき、感情的になってしまうようなとき、落ち着きたいときに、思い出してください。

 

私は、瞑想に入る前、神事に入る前、ヒーリング、カウンセリングに入る前には必ず行っています。

また、考え事や記事を書くとき、食事の前なども気づくと深呼吸しています。

出来る限り意識して、息を吸い込み、全身に氣が巡るようなイメージでやっています。

慌てることもなく、イライラしているときなども、一瞬にして落ち着いて、状況を見極められるようになります。

医学的見地でも、深呼吸の休息法は認められているようです。

ヨガや、リラクゼーションでも深呼吸は勧めています。

健康維持に呼吸は不可欠。

 

広告

 

呼吸の仕方

①鼻からゆっくり、命一杯お腹めがけて吸い込みます。

②口からゆっくり吐き出します。この時、出来るだけ長く吐き出すこと。

このとき、舌先は前歯の付け根(氣の通り道)に当てます。

③2回目以降は、イメージを伴わせます。

吸い込むときは、大気に満ちる氣を身体に取り込むイメージ。

吐き出すときは、身体の隅々から邪氣を集めて、吐き出すイメージ。

これを数回繰り返します。

呼吸が落ち着いてくると、気持ちも落ち着いてきます。

次は、少しイメージを細かにして深呼吸します。

④足裏から大地の氣を取り込みながら吸い込み、丹田まで引き上げます。

丹田の氣をさらに引き上げながら、吐き出します。

これを数回繰り返します。

続いて、

⑤大地の氣を足もとから取り込むイメージで吸い込み、天に向かって放出するイメージで吐き出す。

⑥天の氣を頭頂から取り込むイメージで吸い込み、大地に向かって放出するイメージで吐き出す。

これを数回繰り返します。

⑦最後に胸の前で合掌して、氣を落ち着けます。

この深呼吸を行なうと、身体に氣が巡り活性化してきます。

じんわりと汗をかく人もいます。

 

場所を問わず、何処でも出来ますので、覚えておくといいでしょう。

ちなみに、上記は主護霊の一人に教わったやり方です。

深呼吸の効果は?

健康面では、免疫系の改善、リラックス効果、血液・血流の安定、生活習慣病予防、疲労回復などがあげられます。

美容面では、美肌効果、ダイエット効果、便秘解消、冷えの改善などがあげられます。

精神的にも、安定に向かいます。

空気中には、プラナーと言われる生命エネルギーが豊富にあります。

生きゆく基本の呼吸をしっかりすることで、新陳代謝を促し、活力を取り込めます。

超人になると、空気だけで生きていけるとも言われています。

 

呼吸で心身を整える。

一度試してみてくださいね。

 

広告