関節のサイン

関節は、体全体で約260あると言われています。

関節があるお陰で、からだを自由に動かし、いろんな作業ができますね。

関節がギクシャクすると、不便どころか、日々のストレスにもなって、精神的にも悪影響を及ぼします。

 

広告

関節からのメッセージ

過去の罪悪感を押し殺して、自分を責め続けることを手放そうよ。

自分は幸せになれないという思い込みが、全てを引き寄せてるんだけど、どうする?

チャンスはいつでも巡ってくるよ。ただ、それがチャンスって気づけてないだけ!!

行き詰ったまま、何もできないって? 何でもいいから始めたらいいよ。

自己否定、他者批判・・・いい加減にしなよ。どっちも傷つけてるだけってわからないの?

など

キーワードは「批判・否定」

どんな人にも訪れるチャンス。考える前に行動に移せる人は、どんどん先に進めますが、先に考えてしまうと、躊躇して行動に移せなくなったりしますね。

何かと比較したり、卑下したり、諦める。

考え方も凝り固まって、身動きが取れない。

自分のすること、なすことに対して批判的、否定的である。

もしかしたら、自分が批判対象を知らないだけかもしれません。

思い切って、全てを肯定する覚悟を持つといいかもしれません。

出来るか出来ないかは、やってみた結果として現れますから、とにかく取り組んでみる、やってみる。

失敗や恥をかいた経験は、再び悪夢を呼び寄せると思いがちですが、それでもチャレンジする意思を持ち続けることが大事です。

加齢とともに、からだも固くなり、関節もこわばりがちになります。

気をつけたい関節ケア

関節は、機械で言う歯車と同じ。

さび付いたり、油不足ではうまく稼働してくれません。

同様に関節回りの筋肉も、関節を支える大事な要因です。

硬くならないように、日頃から気をつけたいものです。

関節ケアは

肥満気味の人は体重を減らそう

肩や腰、ひじ、ひざなどを冷やさないようにしよう

同じ姿勢を続けないこと(ときどきからだを動かし、リラックスさせる)

正しい歩き方(ひざを伸ばしかかとから着地し、つま先で後ろへ蹴る)をする

O脚の人は、靴のインソールなどで補正しよう

足元に不安がある場合は、ステッキを使おう

日頃から軽い運動やヨガ、ストレッチを取り入れよう

先進のリハビリテーション医学が生んだサポーター【Marumitsuオンラインショップ】

 

関節ケアのサプリメント


広告