ペニスのサイン

ペニスのサイン

古来より、子孫繁栄、豊穣や生命エネルギーの象徴である男性のシンボル。

ペニスを神として崇める神社も多数存在する。

愛知の田縣神社、神奈川の金山神社、愛媛の多賀神社などが有名。

 

   インドでは、シバ神あるいはそのエネルギーの象徴として
男根(シバリンガ)を崇拝している。

ペニスからのメッセージ

自信がないんだね・・・。

セックスを怖がらなくてもいいんだよ。

嬉しいときは嬉しい!! と堂々と表現しようよ。

自分は愛されてない・・・と思い込んでるよ。

拒絶、批判なんて相手の都合だと思わない?

パートナーをもっと理解すればいいのに。

魔が差しただけ!! いつまでも引きずらない!!

傷つけてしまった罪悪感をいつまで抱きしめてるの?

痛みも苦しみも、愛の中にあるんだよ。

など

キーワードは「罪を憎んで人を憎まず」「寛大なる許し」

ペニスはセックスに関連する男女間の精神的問題を表出する場合が多い。

性的対象が近親であれば、罪悪感を抱きやすく、自分を責めてしまう傾向に。

また、パートナーとの間でのセックストラブルからペニスに異常をきたすことは大いにある。

特に思春期ならば、その傷は心の奥深くにしまい込んでしまうことも。

怒りや恨みの陰には、傷つけられた思いや悲しみ、孤独感、恐怖心が隠れていたりします。

自分がしたことならば、してしまったことを認めて自分を許し、相手に祈りを捧げる。

されたことならば、痛みや傷をまず癒し、時間をかけて相手を許すこと。