心臓のサイン

お母さんのおなかの中から、死に至る瞬間まで休まず動いてる心臓。

一番不思議な臓器。

こぶし大の大きさで、全身の血を通わせる。

なんで、ずっと動いてられるのか。

心臓からのメッセージ

心が痛いね。その原因を見つけようよ。

感情を抑え込みすぎて、爆発しちゃうよ。

嫌々やるくらいなら、思い切ってやめてしまえ!!

閉ざされた感覚のまま生きていくつもり?

直感を無視しないで!!

自分のこころの声を聴いて!!

また失望するんじゃないかと怖がっているんだね。

どうして孤独になったかは、自分がよく知ってるはず。

愛してるって素直に言えばいいよ。

そんな自分を変える時期がきたんじゃない?

不安は、閉じこもって回避するのではなく、向き合って受け入れるものだよ。

など

キーワード「忍耐」

何かのためにと自分を犠牲にする。

好きになったり、応援したいと思ったら、とことん尽くしてしまう。

自分自身を喜ばせることが、とても苦手である。

自分の幸せがよくわからない。

こんな人は、心臓が悲鳴を上げています。

人のために頑張って、自分を置いてけぼりにしていませんか?

自分が幸せだと思う瞬間を大切にしていますか?

気づいたら、自分は何をやっているのだろう・・・と虚しさを感じてしまうことがありませんか?

対処方法

心臓は、精一杯、生きる喜びを身体全体に、休む間もなく運んでいます。

生きているからこそ、喜びを感じられるのです。

自分が「幸せだ」「楽しい」「嬉しい」を満喫できなければ、他者に対しても「与える」ことは出来ないものです。

どんな些細なことにも、「幸せ」「楽しい」「嬉しい」という「喜び」を見つけていきましょう。

 

広告

 

鼓動を感じると安心する

何か不安を感じたり、恐怖におののいているとき、誰かの鼓動を感じるとなぜだか安心します。

子供を抱きしめるとき、左胸に頭を持ってきていたり。

無意識に、鼓動を感じさせて、安心させようとしていたり。

心臓は、一定の鼓動を保つことで、命の存在を明らかにしてくれています。

トクントクンと脈打つ力強さ。

血液が全身に巡り、エネルギーが染み渡る感覚。

あ~生きている!! と実感しますよね。

胸が高鳴る

ドキドキ、ワクワクすると、鼓動が早く、力強くなりませんか。

不安と希望の狭間を楽しんでいるとき、心臓は現してくれます。

何か、素晴らしいことが起きる。

それはとっても不安でもあり、とっても楽しみでもあり。

心臓はハートチャクラのエネルギーに属して、愛と不安の狭間にあります。

個々の意識レベルの違いはあれども、愛が不安を覆うくらい成長していきます。

常にチャレンジ精神をもって、未来にワクワクできるようになるには、数々の不安と向き合うことになります。

不安から逃げたり、見て見ぬふりしていては、成長もできない・・・ということ。

心臓は、このようなメッセージの代弁をしてくれています。

 

広告

 

不安は自分が生み出している幻想!!

人の本分は何かというと、「創造」すること。

創造は想像からはじまり、イメージしたものを現実化していく作業。

ネガティブなイメージばかりしていたら、ネガティブな現実が生まれてしまうんです。ポジティブもしかり。

人の生きてきた環境や土地の風習、両親から得た教訓など様々な影響を受けて成長しています。

時には、それが功を奏し、逆に仇となることもあるでしょう。

そういった体験から教訓を得る人もいれば、嘆き悲しむ人もいるでしょう。

自分自身がどう在りたいか

まずは、そこをしっかり見つめて、何が正しいとか間違いではなく、そう在るために何が必要で何が要らないかをイメージすることが大事です。

自分自身を創造していく上での想像が、そのまんま現実となりますから。

 

参考ブログ

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

自分自身を散々探し回った挙句、途方に暮れてしまうことがあった。「どうなりたい」ばかり意識して、自分の鏡を探す。理想の自分を演じてくれている人を追い求めて、いろんな世界に飛び込んだり、出会ったり。そのたびに影響は受けるものの、目の前の最高の自[…]

広告