腕のサイン

腕のサイン

モノづくりや表現に欠かせないのが手。

​左右の手を使って、様々な表現をしますね。

意味も実に様々です。

 

両腕共通のメッセージ

他人の事ばかりに手をかけてませんか?

助けられないという絶望感がありますか?

将来に不安を感じてませんか?

心配事があるんですね?

批判されることを気にしすぎてませんか?

 

手を差し伸べるっていいますよね。

人助けとか癒し手、手かざしヒーリングなど、癒すをキーワードにしたものに大きく関係するようです。

また、表現するにあたって、出来る出来ない、性格的な面と連携して様々な問題を現してもくれるようです。

 

右腕からのメッセージ

何かを手放せずにいませんか?

何かにガッカリしてませんか?

助けた人に裏切られましたか?

将来に不安を感じてますか?

など

 

左腕からのメッセージ

孤独を感じて寂しいですか?

女性の家族に傷つけられましたか?

今の状況から抜け出したいですか?

自分の現実から逃げ出したいですか?

など

 

右は男性性、左は女性性を握ってると言われます。

​先祖の関係も腕に出るときがありますね。

また、他者からの依存、甘え、すがりなども現れます。

助ける、導くといった感じでもあるように思います。

 

腕は、助け伝えるためにある

仕事もそうですが、腕は人を助けるため、伝えるためにあると思っています。音楽を奏でても、何するにしても、人の役に立っていると思いませんか?

しかし、それも行き過ぎて、自分が倒れてしまっては自分の人生が台無しになってしまいます。

まずは、自分から。

自分が自立出来てないのに、自立のサポートは難しいでしょう。

自分が奏でることのできないことを教えるのも難しいでしょう。

助ける部分、伝える部分、教える部分が明確になってこそ、真を伝えることができるでしょう。