ABOUT

両角 紀人誉

Kazutomo Morozumi

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー(SMC)代表

2000年よりスピリットの世界に入り、2004年より本格的にスピリチュアルカウンセラーとなる。

以来、現在に至るまで述べ数百人のカウンセリングをしてきました。

その体験実績と、参考図書による照らし合わせからこのメッセージを送っています。

また症状、症例、環境などでも細かく違いが出てくるので、参考までに留めて頂ければありがたいです。

全ての事象に偶然はあらず

私は、49歳になり、身体的な不具合もありながら、それなりに克服して今に至ります。

身体的なことを言えば、いまだ、慢性中耳炎は治らず、鼓膜もほとんどありません。

しかし、不思議なことに、音ははっきりと聞こえます。

それは、鼓膜に代わる代替えが耳の奥で行われているからなのです。

良性肉下種と言われる癌の一種。

悪性ではないので、蝕まれることはありませんが、一歩間違えれば悪性に変異する可能性もあるようです。

耳垂れや耳鳴り、耳の奥の奥が痛んだり、口唇ヘルペスと相まって、激痛に発展したり。

それらすべての症状の中にメッセージが隠れていました。

また、仕事のやりすぎ、ストレスのため過ぎで、糖尿病になったりもしました。

肩こりは当たり前、定まらない腹部の不具合。

足の痛み。

二の腕の痛み。

後頭部の痛み。

肩甲骨周りの激痛。

主護霊や神、魂との対話の中でかけられた言葉や、ビジョンの数々。

向き合いたくない自分の影や、心の奥に隠してしまった闇の部分との葛藤。

幼少期にあった出来事からのトラウマ、インナーチャイルドとの対話。

魂の目覚めの時の苦しい脱皮の儀式。

目覚め後の心の整理整頓時に起こる、感情的爆発や、精神崩壊。

ほかにも細かいこと言えば多々ありますが、全ての事に意味があり、

偶然ではなく必然でそのタイミングに起きるべくして起きているのです。

ほんの少し自分に、身体に意識を向けるだけで、また少しの知識があれば、

医師に頼りすぎること無く自分で対処できることも多いんだ・・・と実感しました。

ここに記した内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。